大学生のアルバイト



シフト制と大学生のアルバイト

 

 

 

大学生のアルバイトは、授業、サークル活動などで時間的な制約を受けることが多いので、仕事ができる曜日や時間帯が限られます。シフト制は、忙しい大学生にとって大きな味方となります。アルバイトのシフト制とは、従業員が勤務したい曜日・時間帯を前もって申告しておく制度です。希望が100%通るとは限りませんが、体験談によると、希望はほぼかなえられるようです。

 

 

勤務予定の前の週に、翌週のシフトを申告するという職場が大半です。シフト制は、今や、レストラン、居酒屋など、飲食店を中心に、多くの職場で採用されています。アルバイトの勤務状況が、事前に把握できると、雇う側にも好評のようです。

 

 

大学生の場合、急に授業が入ったなど、直前になって、シフト変更が必要になる事態に遭遇することが結構あります。店長など責任者に、事前に事情を説明し了解を得ておく必要があります。シフト制は、職場の管理がしっかりしていれば良いのですが、逆の場合、何かとトラブルが発生しやすいようです。

 

 

事前にシフト変更を申告したにもかかわらず、連絡が行き渡らなくて、トラブルにあったなどの体験談も結構あります。シフト変更の際、口頭で申告するだけでなく、書面などの裏付けを得ておくと良いでしょう。

 

 

最近では、パソコン上でシフト管理をする職場も増え、利便性は高まることでしょう。シフト制の活用で、大学生はアルバイトと学業の両立が可能になるのです。